2018/08/01

保険金・給付金の受け取り方

保険金や給付金が受け取れるかどうかは、契約している主契約の種類や特約の種類によります。
保険証券などで契約している商品を確認するとともに、約款などで受取事由や給付内容を調べる必要があります。保険会社や代理店に問い合わせることも可能です。

こちらでは、保険金・給付金の請求の流れについてご案内いたします。

➀生命保険会社(代理店)へ連絡する。
証券番号、被保険者(保険の対象者)の氏名、入院日、手術名などを知らせる。

➁生命保険会社へ必要書類を提出する。
生命保険会社から必要書類が送られてくるので、それに従って記入し、請求書や診断書を提出する。

➂生命保険会社による支払いの可否判断。
書類をチェックし、支払対象かどうか判断される。支払対象と判断された場合、給付金を受け取ることができる。

➃受け取りの内容確認、金額の明細確認。
給付金などは受取人指定の金融機関口座に振り込まれる。生命保険会社から届いた明細書と併せて確認する。

生命保険は加入することがゴールではなく、給付金を受け取ることで初めて効力を発揮します。
受取事由に該当したらすみやかに請求できるよう、流れについてよく理解しておきましょう。

関連記事

2022/01/21

責任開始に関する特約とは

2022/01/07

指定代理請求人とは

2021/12/17

保険金・給付金の受け取り方

2021/12/06

定期保険について

2021/11/05

抗がん剤治療特約とは

2021/10/29

学資保険とは

人気記事