2018/08/01

法人保険の活用について

法人保険とは、契約者を法人(企業)の代表者や役員にして加入する保険です。
法人向けに開発された保険商品だけでなく、個人向け保険商品の契約者を法人にして加入する場合も、法人保険と呼びます。

法人保険に加入すると、「一部損金」「全額損金」として計上することが出来ます。
損金とは法人税を軽減できる費用の事で、法人税の計算は「所得=益金-損金」となります。
損金が増える=法人の利益が減るため、結果として法人税も減らすことが出来るのです。

また、法人保険加入の際には、初期費用などのコストはかかりません。加入手続きをする上では、審査などに時間がかかることはありますが、契約者は書類を数枚記入する程度なので、手間もかからないというメリットもあります。

その他にも、事業リスクに備えられますし、役員・従業員の退職金準備として利用する会社も多くあります。また、法人保険を活用して会社の資産価値を引き下げることで発生する税金を減らし、事業承継の負担を軽くすることも出来ます。

しかし、法人保険は保険料を一度支払って終わりというわけではなく、毎年あるいは毎月継続して支払っていかなければなりません。
つまり、保険料の支払いのために継続して現金が出ていくことになり、会社のキャッシュフローに大きな影響を与えます。この点が、法人保険に加入する上でのデメリットとなります。

特に、高額な保険金を設定できる逓増定期保険や、保険期間が長い終身保険などは保険料支払いの負担が大きくなります。
加入を検討する際には、事業計画や収支状況などをもとに、保険料支払いによる手元資金の減少・資金繰り悪化というデメリットを上回るメリットがあるかを考える必要があります。
特に、事業拡大や設備投資などを計画している会社などは資金繰りに関して注意しなければなりません。

法人保険を活用して事業保障、退職金の貯蓄、節税を行いたいとお考えの際は、保険会社や保険代理店のスタッフに相談の上、会社の経営状況や将来の事業プランに合った計画で保険に加入するようにしましょう。

関連記事

2022/07/08

法人保険の活用について

2021/04/23

生命保険を解約する前に注意しておきたいポイント

人気記事