2018/08/01

新型コロナウイルスについて 第3波到来

~新型コロナウイルスについて 第3波到来~

新型コロナウイルスは、東京などの大都市だけでなく北海道など気温が下がってきた地域でも感染が広がるなど、今月以降、感染拡大のペースが速くなっており”第3波”とも言われるようになっています。

NHKまとめのデータによると今月に入っての感染拡大では、10月下旬まで500人余りだった感染者数が、およそ半月の間に今月14日には1736人、一週間平均でもおよそ1400人となり、夏の第2波のピークをすでに上回っています。

また、重症者の数も増えており、10月17日に272人と過去最高となりました。

第2波と比べると、高齢者の感染割合が2倍に増えたという結果が出たほか、クラスターが多様化し、行政の対応が難しくなってきています。

これからの季節の感染予防対策としては、手洗いやうがい・消毒などに加え、
・インフルエンザワクチンの接種により同時感染を防ぐ
・暖房器具使用時のこまめな換気
・忘年会や新年会などの大勢で集まる会食の自粛
などが効果的とされています。

普段健康であればなかなか考えなかった医療保険も、新型コロナウイルスの拡大により必要性を見出した方も多いと思います。

感染経路が不明な場合が多く予防接種などもない中、生命保険にできることは罹患した時の身体的・経済的な負担を少しでも軽くすることです。

自身でできる感染対策をしっかり行った上で、医療保険などの検討をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

2021/07/30

介護保険制度と民間介護保険の違い

2021/07/16

貯蓄と保険の違いとは

2021/07/09

「遺族年金」とは

2021/06/25

変額保険について

2021/06/11

告知義務違反とは

2021/06/04

「障害年金」とは?

人気記事