2018/08/01

死亡保険について

~死亡保険について~

今回は死亡保険についてご紹介したいと思います。
死亡保険には大きく分けて「定期型」と「終身型」の2種類があります。

まず「定期型」の死亡保険の特徴は
お手頃な保険料で大きな保障を備えられることです。

定期型の死亡保険は、加入時に定めた一定期間だけを保障します。
保険料は掛け捨てとなり、満期を迎えても満期保険金はありませんが、
その分終身型の死亡保険と比べると少ない保険料で大きな保障を備えることが出来ます。

現在小さなお子さんがいる方や、一定期間の保障を大きくしたい方など、
保険料の負担を抑えたいけれど、大きな保障が必要という方におすすめな死亡保険です。

次に「終身型」の死亡保険の特徴は
支払った保険料が貯蓄代わりになるということです。

定期型に比べ保険料が割高ですが、その分終身型の死亡保険に加入し続ければ必ず死亡保険金が受け取れます。
その為、亡くなった際に確実に一定額を確保しておきたい方や、一生涯の保障を希望される方におすすめな死亡保険です。

また、その他にも一定期間の保険料の払い込みをすると、満期を迎える前に死亡してしまった場合には死亡保険金が給付され、満期時には死亡保険金と同額の満期保険金が給付される貯蓄性の高い養老保険というものもあります。

亡くなってしまった際に備えておきたい保障額や保障期間はライフステージによって変わっていきますので、是非この機会に今の自分に合った死亡保険をご検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

2021/07/30

介護保険制度と民間介護保険の違い

2021/07/16

貯蓄と保険の違いとは

2021/07/09

「遺族年金」とは

2021/06/25

変額保険について

2021/06/11

告知義務違反とは

2021/06/04

「障害年金」とは?

人気記事