2018/08/01

女性保険とは

~女性のための保険とは~

女性保険とは、その名の通り女性用の保険で、女性特有の疾病に対する保障内容が手厚い保険です。内容は基本的に、医療保険やがん保険に女性特有の病気に手厚い保障をする特約がセットになったもので、分類としては医療保険やがん保険の一種です。
大きな特徴としては女性特有の疾病やトラブルで入院した際に、入院給付金の日額が上乗せされます。たとえば男女問わずかかる病気で入院したときには1日あたり5,000円の入院給付金を受け取れますが、女性ならではの病気で入院したら1日あたり10,000円を受け取れるようなしくみになっています。

女性特有の疾病とは、女性特有のがん(子宮がん、乳がん)、女性特有の病気(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣機能障害など)、女性に多い病気(低血圧症、甲状腺障害、貧血、リウマチなど)、妊娠・出産(帝王切開、子宮外妊娠など)があります。

女性保険は、通常の医療保険をベースにして女性特有の疾病に対する保障を手厚くした保険なので、通常の医療保険が含まれています。なので、医療保険に加入しながらさらに女性保険に加入すると、保障内容が重複してしまいます。保険料を必要以上に支払わなくてはいけなくなるため、女性保険に加入する際には既に加入している保険との保障内容の重複に気をつける必要があります。

また、例えば帝王切開で出産したことがあるなど、過去の妊娠や出産の状況によって、妊娠・出産に関する保障内容に条件が付く場合があります。そのため、妊娠・出産に関連する保障を希望するなら、妊娠前に女性保険に加入するのがおすすめです。

このように、女性特有の病気や異常のリスクはさまざまな状況が考えられます。通常の医療保険ではカバーしきれない部分まで手厚い保障が受けられたり、妊娠や出産などの準備にも役立ったりと、多くの魅力を持つ商品がありますので、ぜひこの機会にご検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

2021/07/30

介護保険制度と民間介護保険の違い

2021/07/16

貯蓄と保険の違いとは

2021/07/09

「遺族年金」とは

2021/06/25

変額保険について

2021/06/11

告知義務違反とは

2021/06/04

「障害年金」とは?

人気記事