2018/08/01

もしもの時の生活費について

もしもの時の為に、医療保険や終身保険で備えている方は多くいらっしゃると思います。
ですが、病気やケガで働けなくなった時の生活費についてはどうでしょうか、今ある貯蓄で十分に間に合うのか不安に思っている方も多いのではないのでしょうか。

2019年の総務省「家計調査」の統計によると、2人以上の世帯による生活費の平均は月々約29万円となっています。

もっと家族が多ければ、または、育ち盛りのお子さんのいる家庭だったら、
もっと生活費は必要になっていきます。

医療の進歩により近年入院日数は短くなっているものの、脳血管疾患や癌、不慮の事故による骨折など、社会復帰できるまで時間を要する場合もあります。

社会保険の手当や貯蓄だけでは不安という方や、万が一の時でも貯蓄は減らしたくないという方の為に病気やケガで収入が得られなくなった場合に備える保険も登場しています。
もしもの時の生活費についてこの機会に是非検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

2021/07/30

介護保険制度と民間介護保険の違い

2021/07/16

貯蓄と保険の違いとは

2021/07/09

「遺族年金」とは

2021/06/25

変額保険について

2021/06/11

告知義務違反とは

2021/06/04

「障害年金」とは?

人気記事