2018/08/01

車両保険の必要性とは

~車両保険の必要性とは~

自動車保険には、任意で加入することができる車両保険があります。車両保険を一言で説明すると、自動車を損害から守るための補償です。つまり、交通事故や自然災害をはじめとした損害によって、大切な自動車が大きな損害を受けた場合、十分な補償を受けたいと考えている方が加入するべきものです。

具体的には、以下のような損害に対する補償が挙げられます。
・自動車同士の事故
・洪水や台風、火災などによる損害
・盗難やいたずらによる損害
・単独事故やあて逃げによる損害

近年、台風や豪雨による洪水など自然災害による被害が多く発生しています。例えば洪水で車が水没して故障してしまった場合、車両保険があれば保険金を受け取ることができます。
そのため、自動車を運転・駐車する場所が河川のそばにある方は、洪水による水没の危険性を、積雪地域であれば、落雪による被害を考えておいたほうがいいかもしれません。

また、屋外の駐車場に車を駐車することが多い場合、必然的に盗難やいたずらによって損害を受ける可能性は高まります。さらに人気の車種は盗難被害に遭う確率が高いといわれています。つまり、車両保険をセットするメリットが大きくなります。

事故によって車に損害が発生した際の修理費用や新たに自動車を購入するための費用を、貯蓄などで余裕を持って準備できる場合は、車両保険のメリットは少なくなります。一方、修理費用や再購入費用をすぐに用意できない場合は、車両保険のメリットが大きくなると考えるのが一般的です。

自分は車の運転に自信があるので不要と考える方もいるかと思いますが、災害やいたずらなど運転技術に関わりのない事故で急に修理が必要になる場合もあります。
ご自身のカーライフにおいて必要な補償と保険料のバランスを考え、ぜひこの機会にご検討下さい。

関連記事

2021/10/15

生命保険とは

2021/10/01

脳血管疾患とは

2021/09/17

各生命保険会社の新型コロナウイルス感染症に関する保険金・給付金の取扱いについて

2021/09/10

解約返戻金とは

2021/08/27

心疾患について

2021/08/20

保険料の支払いが困難になったときはどうしたらいいのか

人気記事