2018/08/01

火災保険について

まず火災保険とは、建物や家財などの財産が、火災や落雷などの自然災害や盗難などによる損害を受けたときに、その復旧のための費用を補償する保険です。

火災保険の種類は、住宅を対象としたベーシックな補償内容の「住宅火災保険」、
より補償を充実させた「住宅総合保険」、事業者向けの「普通火災保険」「店舗総合保険」などに大別されます。

今回は「住宅火災保険」と「住宅総合保険」について詳しくご紹介します。

「住宅火災保険」とは
もっともベーシックな補償を盛り込んだ保険です。
居住のみに使用されている建物とそれに収容されている家財を保険の対象とします。

補償される範囲は、火災・落雷・破損・爆発・風災(突風、竜巻)・ひょう・雪災の被害で、その他に、臨時費用、残存物取り片付け費用、失火見舞い費用、障害費用、地震火災費用、損害防止費用の費用保険金が付帯されています。

「住宅総合保険」とは
住宅総合保険は、総合的な補償を目的とする火災保険です。
居住のみに使用されている建物と、それに収容されている家財を保険の対象とします。

住宅火災保険の補償範囲に、建物外部からの物体の落下・飛来・衝突等、給排水設備の事故による水漏れ、騒じょう・集団行動、水災、盗難、持ち出し家財の損害、などの被害がプラスされます。

弊社では上記のような火災保険も取り扱いしております。
ご自身のライフスタイルに応じて、必要な備えをご検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

2021/09/03

火災保険について

2021/04/23

生命保険を解約する前に注意しておきたいポイント

人気記事