2018/08/01

◇手術給付金

手術給付金」とは、加入している医療保険などの約款に記載されている手術を
受けたときに支払われる保険金のことです。

「手術給付金の支払い対象となる手術」は、保険会社や保険商品ごとにあらかじめ決められており、
最近の保険商品では公的医療保険との連動型が多くなっています。
手術には「Kコード」(K6335K533-2など)というものがありましてKコードに該当する手術は
給付金の対象となることが多いですが、Kコードに該当する手術でも一部対象外のものもあります。


手術給付金の対象外となる可能性のあるもの
間接脱臼非観血的整復術K-061→Kコードに該当しますが、漢字の通り、血を見ない(切開を伴わない整復)手術と
ということで保障対象外の場合が多いです。

抜歯K404→Kコードに該当しますが、保障対象外の場合がほとんどです。
だし、難抜歯手術の一部は対象となる場合もあります。


「手術給付金」は多くの場合、実際に手術にかかった費用によって決定するのではなく、入院給付日額に
一定の倍率をかけたものを給付するタイプが一般的であり、手術の種類や入院の有無によって
倍率が定められていることが多いです。

「入院給付金」や「手術給付金」は何らかの入院、手術をすれば無条件に支払われるわけではなく、
最終的には保険会社の判断によります。

関連記事

2022/05/20

生命保険にかかる税金について

2022/05/19

先進医療について詳しく

2022/04/28

健康な方にお得な保険について

2022/04/15

働けなくなったときに受けられる公的保障について

2022/04/08

コロナ保険とは

2022/04/06

先進医療と高度障害状態

人気記事