2018/08/01

◇入院一時金とは

入院一時金」とは、入院給付金が支払われる入院をしたときに、
まとまったお金が一時金として受け取れるというものです。

保険会社や商品によって金額や倍率が変わります。
例えば、<入院を開始した時に入院1回につき○○円>、<日帰り入院から10日目までは
一律10日分>など、様々な給付のタイプがあります。

入院一時金は単純に高額な医療費に使えるというだけではなく、使い道によっては制限がないところも魅力です。
病気やケガで入院した場合、入院一時金を入院前後の通院費や雑費などに充当することが可能になります。

入院一時金は入院日数に関係なく受給できますので、近年の入院期間の短期化が進む中で注目されてきており、
多くの保険会社が入院一時金を選べる商品を用意していますので、一度ご検討されてもいいかもしれません。

関連記事

2021/04/23

生命保険を解約する前に注意しておきたいポイント

2021/04/08

「指定難病」にかかった際の医療費助成制度

2021/04/02

もしもの時の生活費について

2021/03/19

生命保険控除を利用して税金の負担を軽くする

2021/03/04

「高血圧」に関連する疾患

2021/02/26

先進医療 重粒子治療について

人気記事