2018/08/01

◇通院保障特約

通院保障特約」とは、医療保険の特約の一つで入院を前提に、
退院後の通院治療を保障するというものです。
これまでは、退院後の通院1日あたり○○円という保障が一般的でしたが、
まとめて一時金でお支払する商品も販売されています。

一般的な医療保険では、事故やケガによる入院は基本的に保障の対象ですが、
入院を伴わない通院のみは給付の対象外となります。


-医療保険の通院保障の必要性-退院後の入院にもしっかり備えたい場合
→医療技術の進歩などに伴い、近年の入院日数は短期化の傾向にあり、どの保険会社も60日の
入院限度日数が今は標準化しています。一方で、入院前後に通院する人の割合は年々増えていく
傾向にあり、入院前後に通院される方は全体の8割にものぼります。入院は短期化する一方で、
通院の頻度が高くなるという現状を見据えれば、通院保障の必要を感じる可能性も決して低くはないと言えます。

○身体的疾患/後遺症などに備えたい場合
→病気の完治までは医師の診察と適切な処置は大変重要です。骨折のようなケガだけではなく、脳疾患や
交通事故などで負った身体の後遺障害などについては、退院後の通院によるリハビリもとても大切です。

関連記事

2021/04/08

「指定難病」にかかった際の医療費助成制度

2021/04/02

もしもの時の生活費について

2021/03/19

生命保険控除を利用して税金の負担を軽くする

2021/03/04

「高血圧」に関連する疾患

2021/02/26

先進医療 重粒子治療について

2021/01/29

先進医療について

人気記事