2018/08/01

「掛け捨て」「積み立て」とは

~「掛け捨て」「積み立て」とは~
 

医療保険は、「掛け捨て型」と「積み立て型」に大きく分けることができます。

どちらを選択すればよいのだろう…と悩まれている方に向けてご参考までに、各々の特性をご紹介いたします。

【掛け捨て型】
掛け捨て型の医療保険は、満期や更新、中途解約時にお金が戻ってこないタイプの保険です。
「捨てる」という言葉により「お金を無駄にしている」という印象を受けがちですが、病気やケガによる万が一の時に保証を受け取れるからこそ、毎月の保険料を払っているのです。

メリット
・毎月の保険料の負担が軽い。
・保険の見直しがしやすい。
・商品数が多く保障のバリエーションが豊富。

【積み立て型】
積み立て型の医療保険は、満期や更新、中途解約時にお金が戻ってくるタイプの保険です。
「戻ってくるお金」は医療保険の種類に応じて変わります。所定の年齢に達した時に満期保険金や健康還付金といった形で、変額や外貨建てのケース以外では、支払った保険料と同額程度の保険金を受け取れるといったタイプが多いようです。

メリット
・病気やケガをしなくても保険料が無駄になりにくい。
・場合によっては貯蓄として活用できる。

保険の良し悪しには絶対的な尺度はなく、各保険の特徴を把握した上でそれが自分のニーズに合っているかどうか確かめてみることが重要です。
「掛け捨て」「積み立て」という表層的な言葉にとらわれずに、医療保険の選択肢を広げてみてはいかがでしょうか。

関連記事

2022/01/21

責任開始に関する特約とは

2022/01/07

指定代理請求人とは

2021/12/17

保険金・給付金の受け取り方

2021/12/06

定期保険について

2021/11/05

抗がん剤治療特約とは

2021/10/29

学資保険とは

人気記事