2018/08/01

先進医療について

~先進医療について~

◎先進医療とは?
先進医療とは、高度な医療技術を用いた治療法や技術、その他療養のうち、公的医療保険の対象になっていないもので、有効性や安全性について一定基準を満たしたものです。
厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。

◎「先進医療に係る費用」については全額自己負担
先進医療を受けた時の費用は、次のように取り扱われ、患者は一般の保険診療の場合と比べて、「先進医療に係る費用」を多く負担することになります。

1.「先進医療に係る費用」は、患者が全額自己負担することになります。「先進医療に係る費用」は、医療の種類や病院によって異なります。
2.「先進医療に係る費用」以外の、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料等)の費用は、一般の保険診療と同様に扱われます。つまり、一般保険診療と共通する部分は保険給付されるため、各健康保険制度における一部負担金を支払うこととなります。

先進医療により安全で有効性の高い治療を受けることができますが、上記にあるように保険適用外のため自己負担額が大きく、患者の負担は増していきます。
そのような事態を防ぐためにも、先進医療をカバーしてくれる保障への加入がおすすめです。
医療保険に「先進医療特約」を付加することが出来る保険会社は多くあります。実は特約自体の保険料は低く、月100円~300円程度です。

統計上、先進医療を受ける確率自体は低いのですが、誰もが受けることになる可能性があります。仮にその必要が生じた場合には技術料が全額自己負担となり、その負担は非常に高額になることが多いのです。
みなさんの加入保険には先進医療特約は付いていますか?ぜひこの機会に保障内容を確認してみてください。

関連記事

2021/06/04

「障害年金」とは?

2021/05/21

がん保険の免責期間について

2021/04/23

生命保険を解約する前に注意しておきたいポイント

2021/04/08

「指定難病」にかかった際の医療費助成制度

2021/04/02

もしもの時の生活費について

2021/03/19

生命保険控除を利用して税金の負担を軽くする

人気記事